お知らせ

(用語の説明)※当ブログ内限定の用語です。

(用語の説明)※当ブログ内限定の用語です。
損切りポイント、利確ポイントの設定時は、引いたラインを参考にして、「少しズラす」のが良いと思います。
.
今までの経験から、引いた利確ラインの手前まで来たのに届かず、損切りラインまで達してしまった事や、
.
逆に、損切りラインを少し越えてから戻り、想定していた利確ポイントを抜ける事を
.
何度か経験しました。
少しズラす
この経験から、引いたラインの精度がまだ未熟なうちは、「少しズラす」事をお勧めします。
.

■■「少しズラす」ずらし方■■

損切りポイントは届いて欲しくないラインなので、「少し遠くズラす」。
.
利確ポイントは届いて欲しいので、「少し近くズラす」。
.
そして、その時の数値の最下位は、【キリの良い数字を避ける】のが重要です。
.

■■【キリの良い数字を避ける】■■

最下位の数字は、0や5などのキリの良い数字を避けます。
.
相場は大衆心理で動いています。
.
誰もが無意識に選んでしまう【キリの良い数字】に指値が集中するので、そのラインが壁となります。
.
届いて欲しくない場合は、その壁の向こう側に損切りポイントを設定して、
.
届いて欲しい場合は、その壁の手前に利確ポイントを設定すると良いです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

t2o3

FX取引きで誰でも簡単に収益を上げられる様にしたいと思いこのブログを立ち上げました。 成功法則は、テクニック2割、マインド8割。 テクニックに関しては難しくないライントレードを推奨しています。 勝ち続ける為には、マインドが大事だと思うので、その辺もお伝え出来たらと思います。

-お知らせ
-,

Copyright© t2o3のFXライントレードのススメ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。